【名入れ泡盛専門店】かりゆし沖縄|名入れ泡盛なら実績No.1の当社にお任せ下さい!

   
甕入り泡盛のTOPバナー

甕入り泡盛説明

今すぐ購入

こんな用途にご利用いただけます

古来からの儀式で「水合わせの儀」というのがあります。 これは新郎新婦の互いの実家の水を汲んできて、ひとつの杯に注ぎ合わせた水を飲む儀式です。別々の水(環境)で育った新郎新婦がそれぞれの家風の違いを乗り越えて一つとなり、二人で新たな家庭を築いていけるようにとの願いが込められています。

「想いをひとつに 心がつながる瞬間」

そんな水合わせの儀に習い、当店では「甕入れの儀」をご提案しています。 時の経過と共に丸く、やわらかく、そして奥深い味わいに熟成していく泡盛の古酒のように、おふたりの間柄が末永く発展し、素晴らしい夫婦になって欲しいとの願いが込められています。
  水合わせ画像
     
また、この晴れの門出に新郎新婦・ご両親様・会場にお越しの皆様方の想いが注ぎ込まれた、甕(泡盛)を「家の宝、家のお酒(家酒家宝)」としてお二人の子や孫の代まで大切に飲み継いで欲しいと思っています。
是非、毎年の結婚記念日には、ご家族やご友人と甕に入った古酒を飲み交わしながらお二人の想い出や夢を語り合い、絆を深めてもらえれば幸いです。

※ご注文時に「甕入りの儀」とお申し付けください。空の甕と1升瓶(3升甕=1升瓶×3本・5升甕=1升瓶×5本)をご用意させていただきます。


【10年後に開封して、二人で飲もうね♪と約束しました!】

名入れ泡盛 お客様の声
■愛知県在住 宮國桃子さま

かりゆし沖縄 平野様
いつも大変お世話になり有難う御座います。
甕と泡盛は無事結婚式場に届き、7月26日の披露宴にて『泡盛甕入れの儀』を行いました!!

私の地元、名古屋の家族や友人はもちろん、沖縄の方たちもとっても喜んでくれました。
本当に有難う御座います!

10年後の7月26日に開封して二人で飲もうね♪と約束しました。
この度は本当に有難う御座いました!!!
大切な家宝

泡盛の貯蔵用の甕といっても様々な種類や窯元で作成したものがあり、その気密性や特製には大きな違いがあります。
近年ではベトナムなどの諸外国で作った安価な甕なども多く出回っており、安いものだと1年で半分以下に揮発してしまうものもありますので、大切な古酒に使うものですので甕選びも大切になります。
当店では「家宝」としての古酒を提供したいと考えておりますので、甕にもこだわりを持って選んでおります。
そこで選んだものが甕の中でも、最高峰の「忠孝作・南蛮荒焼甕」を使用しております。
  甕入りの名入れ泡盛


当店の瓶へのこだわり

甕入りの名入れ泡盛へのこだわり

こだわり1   土は沖縄県本島南部でとれる「島尻ジャーガル」と主に沖縄本島北部、山原(ヤンバル)でとれる「琉球赤土」の二種類をブレンドし、甕の強度を高め、泡盛の貯蔵と熟成に適した甕ができます。
ブレンドした土の中の砂やゴミなどの不純物を完全に取り除いた泥水状の土をプレス機で圧力をかけながら水分を抜いて粘土にし、練りながら空気を抜き粘土状にし、その後1週間ほど土を熟成させることで土に粘りが出て成形しやすい土原料が出来上がります。
     
こだわり2   一週間ほどの熟成を終えた土は、ろくろで成形する前に作成する容器毎にそれぞれの固さを変え、重量を計り切っていきます。 この時、土をろくろで成形しやすいように今度は職人の手で練り直します。 ろくろによって成形された荒焼甕は、一日ほど置いてかんなで削り、形を整えます。その後、十分に乾燥させます。小さいもので1~2週間。大きいもので約1ヵ月かけて乾燥させます。そして、1000度以上の温度のガス窯で4日ほどかけて焼きます。
     
こだわり3   高い密封性
ろくろで成形した南蛮荒焼甕は、大きい物で一ヶ月弱かけて、乾燥させます。さらにガス窯で1000度以上の熱をかけ焼き上げると、容積が約45%収縮します。収縮率の高い甕は、土の閉まりが良く、中のお酒を漏らすことなく、良質の古酒を育てることができます。

甕断面

独特の金属音
沖縄県本島南部でとれる「島尻ジャーガル」と主に山原(ヤンバル)でとれる「琉球赤土」をブレンドして作られた南蛮荒焼甕は、古酒を漏らすことなく、長期貯蔵する為に鉄分を多く含み、密度を濃くした材質でできています。軽く甕を叩いてみると、まるで金属製の容器を叩いたように甲高く、それでいて陶器独特の澄んだ音が響いてきます。

炎の模様・窯変
甕を焼く際、直接炎が当たった所にできる色変わりを「窯変」といいます。これは炎の色が焼きついた物で、炎と土が融合した最高の景色です。 (同じ模様の窯変はふたつとありません)
    甕の背面


熟成に適し、熟成速度も速い泡盛

新聞記事   使用する泡盛は古酒造りに最適なアルコール度数44度の原酒とその原酒を3年熟成させた43度3年古酒の2種類をご用意いたしました。
この「44度原酒」は、沖縄県産マンゴー果実から生まれた新酵母を用いた泡盛で、蒸留からわずか 6ヶ月で3年古酒並みのバニリン量を誇ります。その味わいはこってりとした甘さに芳醇な風味を持っています。
琉球泡盛の特徴である熟成によって育つ古酒、その古酒造りにお薦めする泡盛原酒です。
※バニリンとは、バニラの香り成分で「甘い香り」を放つ古酒の大きな魅力のひとつです。


刻印について

表面に刻印する4種類の文字は、第21回日現展にて内閣総理大臣賞を受賞した、沖縄の美術界を代表する画家の屋良朝春先生の自筆の書(4種:祝・美童・寿・命どぅ宝)からお選びいただけます。

屋良先生 屋良先生


屋良先生


■屋良朝春作 書に沖縄のククル(心)を込める

美童の書
■美童(みやらび)
若い娘や純粋な心を持った子ども等の意味。昔から子を持つ親の気持ちを込めた言葉として知られている。
■こんなシーンにおすすめ
・出産祝い・十三祝い・(嫁入り前の)女性の成人祝い
   壽の書
■壽(ことぶき)
めでたいこと。長命。長寿。もともとは「ことほき」と呼ばれ、言葉の力で幸福を招くという意味。
■こんなシーンにおすすめ
・結婚祝い・還暦祝いや長寿のお祝い
  
祝の書
■祝(しゅく)
めでたい出来事を喜ぶこと。古くは「祝い」は「祈る」「祭る」といった意味で用いられた。
■こんなシーンにおすすめ
・還暦や長寿祝い・成人祝い・退職祝いや栄転祝い・新築祝い
・開店祝い・設立祝い・創立記念
   命どぅ宝の書
■命どぅ宝(ぬちどぅたから)
沖縄の大事な黄金言葉で「命こそ宝」という意味。「親が子を」「子が親を」「人が人を」想う時、心から自然と湧き出る言葉。
■こんなシーンにおすすめ
・出産記念・還暦祝いや長寿のお祝い・誕生日・敬老の日
・父の日や母の日


今すぐ購入


名入れ箇所についてはご注文後に記載いただくページに移動致しますが、こちらをクリックいただだければ、名入れ箇所についての詳細がご確認いただけます

 

お客様の写真

仕次ぎについて

仕次ぎの方法?   仕次ぎとは、琉球王朝時代から伝わる古酒(クース)作りの手法です。
具体的な手法は年代物の古酒にそれより少し若い古酒を注ぎ足すことで、酒を劣化させないようにします。
昔は甕を3つ用意したといいます。そして、一番古い泡盛(1番甕)、次に古い泡盛(2番甕)、またその次に古い泡盛(3番甕)と甕を並べ、一番上等な泡盛(1番甕)を飲んで、その減った分を次に古い泡盛(2番甕)から継ぎ足し、また2番甕が減った分を、今度は3番甕から2番甕へ継ぎ足し、 最後は3番甕に、仕次用の一升瓶で泡盛を継ぎ足します。
こうして、祖父から子や孫、ひ孫へと我が家のお酒を家宝として伝承していったのです。


仕次ぎについて

仕次ぎの方法? width=   当店では、現在、古酒文化の推進事業に取り組んでいます。ただ、お家の事情などで、複数の甕を用意できない、また甕の管理も大変と感じる方もいらっしゃると思います。そこで当店では、そのようなご家庭では、まず甕を一つだけご用意していただき、気軽に古酒造りを楽しんで頂くことをお勧めしています。 甕が一つでも、飲んだ分を仕次用の一升瓶で継ぎ足していけば、安定的に美味しい泡盛を末永くお楽しみ頂けます。


メッセ-ジカード

メッセージカード

用途別に応じて各種ご用意しております。

下記商品からサイズ等ご希望のものを選んでいただき画像をクリックして各商品ページへお進みください。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~2件 (全2件)

【送料無料】忠孝南蛮甕プレミアム泡盛
在庫を確認する

【送料無料】忠孝南蛮甕プレミアム泡盛

44,000円(税込) 送料無料
これぞ沖縄を代表する泡盛究極の甕貯蔵!
秘めた想いを封じ込め、泡盛熟成とともに絆を育む…
誕生、出産、結婚、開店、創立、各ご長寿記念に…
仕次ぎ(継ぎ足し)用泡盛 忠孝44度6本セット

仕次ぎ(継ぎ足し)用泡盛 忠孝44度6本セット

21,000円(税込) 送料無料
琉球王朝時代より伝わる古酒作り法
仕次ぎ用として、沖縄の先人たちの知恵から受け継いだ、
泡盛を育てる沖縄独自の伝統的な手法で
琉球泡盛の歴史とロマンに触れてみては如何でしょうか。

1件~2件 (全2件)



用途別に応じて各種ご用意しております。

※商品の外観、仕様、価格は予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

出産祝いボトル   結婚祝いボトル   還暦祝いボトル   成人祝いボトル
開店祝いボトル   新築祝いボトル   退職記念ボトル   設立祝いボトル

益々繁盛ページへリンク   甕泡盛ページへリンク

ページトップへ